2007年07月29日

シンガポール旅行記(1〜3日目)

7/18(1日目)成田→シンガポール
ノースウェストの夕方発深夜着の格安チケット。
一応24時間前からWEBチェックインができるので、できるだけいい席をとゲット。
バーコードをプリントアウトすればチェックイン済みとなるらしい。
当日は2時過ぎに出れば間に合うのに「早く行こうよ〜」と待ちきれないさゆりを連れて1時間以上早く家を出ました。
日暮里までタクシーで行き、そこからスカイライナー、のつもりが特急の方がすいててすぐ出そうだったので急遽変更。窓口のおじさんにすぐ払い戻してもらえました。

特急電車の中で爆睡するさゆりさん。。。空港についたら無事起きました。

チケット受け取り時間より早く空港に着いたけど、無事チェックイン完了。荷物も預けて身軽になったけど何しよう??
とりあえずお腹すいたってことで、ファミレスっぽいパスタ屋さんでパスタをモリっと食べる。
その後、噴水で遊んだりおもちゃ屋でお土産を買ったりして過ごす。

出国審査はやはりあっさり済んで、ゲートに行ったらちょうどボーディングタイムでした。
飛行機は真ん中の4人席に並びで3人。
NWバカにしてたけど、パーソナルTVでオンデマンドビデオも見れてかなり便利。
さゆりはピカチュウパスタでお腹いっぱいになったのか、離陸後すぐに眠りに落ちる。

ラッキー!ということで、映画をいっぱい見れました。
途中ご飯で起こしたんだけど、アジア風焼きそばを結構たくさん食べて、バターのパンも1個食べて
「オレンジジュース」もCAさんに自分で言えて絶好調の様子。
その後「Bugs Life」「Fiding Nemo」「Toys Story」をグルグルと見て満足そう。
でもニモはハラハラドキドキ刺激が強すぎたのか、途中で「ニモがぁ!ニモ〜!!」と泣きそうになってた(笑)
そうこうするうちに、無事着陸の時間。結構あっという間に快適に過ごせました。

うーーん、3歳児やっぱり楽になったわ。

シンガポールは深夜12時過ぎに到着。さゆりは飛行機で寝すぎたのか全く眠くない模様。

空港からシャトルバスで行くかタクシーで行くか迷ったけど、シャトルは出たばっかりだし
リムジンは40ドル以上するのでタクシーで行く事に。
シンガポールのタクシーは安いです。空港から街まで20分ぐらい乗って25ドル(3000円?)ぐらい。
でも深夜料金が50%加算されるので、注意です。
でもメーターとか最新式の所が多いし、クレジットカードも使えます。(使えない車もあるけど)
Comportという青い車のタクシー会社は大体使えました。でもAdmin2ドルぐらい取られるけど。
レシートにあるGSTというのは消費税の事で日本と同じ5%です。

そして、ホテル(PAN PACIFIC SINGAPORE)http://www.panpacific.com/ 到着〜
保育園の先生似のレセプションのお姉ちゃんが無料で部屋をアップグレードしてくれました。
ワオ!なんていい人なのかしら?しかも朝食もただで付けてくれました。ラッキー
というわけで、お部屋は25Fのエグゼクティブビジネスクラス。眺めもサイコー(マーライオンビュー)

バスタブとシャワーブースが両方あるので、日本式に体を洗ってお湯につかって、と入ることができました。
さゆりも興奮気味で寝たのは2時過ぎ・・・日本時間だと4時過ぎ!?
明日にそなえて寝ましょう♪

7/29(2日目)
さゆりとママはお昼近くまで寝ていて、せっかく付けてもらった朝ごはんはパス。
パパだけが食べてきたみたい。
10時半ごろ起き出して、テラスでボーーとしてみる。
12:30にシンガポール在住のT子夫妻とハイティーの約束をしているので
とりあえず支度。スーツケースのアンパックってなかなか面倒。
さゆりは11時頃になっても起きる気配なし。まあ昨日興奮し過ぎたから仕方ない。
変な音が聞こえて外を見るとさっきまで曇りだけど明るかった空が真っ暗に!
ゴロゴロと雷が聞こえてきてイキナリの雨ザーザー!スコールみたいにすごい雨!ひょえー
天気予報の「Stormy(嵐)」が頭をよぎる。
でもSMSでT子から連絡が来たので、シャングリラへ向かう。

シャングリラは今入り口を改装していてイマイチだけど、中に入るとさすが高級ホテルって感じ。
ローズベランダは、入ってすぐの2Fテラス。
シンガポールには英国式トラディショナルなアフタヌーンティー(3段になった皿にスコーンやサンドイッチがのってる)とシンガポール式ハイティーがあり、ローズベランダは後者。
ランチビュッフェのスタイルで、サラダから飲茶・カレーまで盛りだくさん。お寿司もあった。
最初に紅茶のメニューを渡されて物凄い数のお茶から選ぶんだけど私は無難にオススメの「シャングリラティー」
さゆりはパンとフルーツをたくさん食べました。フルーツコーナーにはチョコフォンデュもあり
そこのマシュマロにすごくハマってました。チョコフォンデュは大人も楽しめるし甘すぎずおいしかった☆
T子夫妻は前日までオーストラリア旅行をしていたので、その話で盛り上がり
オーストラリアに詳しくなりました。

その後ホテルに戻り、ホテルのプールへ。
ちょっと曇っていたんだけど「今日はもう降ったから雨降らないよ」というT子の言葉通り少し晴れてきた。
プールの水は冷たかったんだけど、さゆりはさすが子ども。気にならないらしくバシャバシャバタ足の練習をしてました。この短時間でかなり上手くなった模様。(ママはプールサイドでZZZ見てなくてゴメン)
プールからあがりちょっとお昼寝・・・のつもりが起きたら夜だった。
パパは向かいのマリーナスクエアに行っていて待ち合わせしようと思ったら広くて迷いまくって大変でした。
おとなしく部屋で待っていればよかったね。試さなかったけどここのフードコートは結構おいしいらしいです。
でも様々なフードコートが点在していてどこがどうなのかイマイチ把握できずに終わってしまいました。

夜になり、腹ペコのままタクシーでナイトサファリへGO!
本当はタクシー内で飲食禁止なんだけど、ホテルのDELIでサンドイッチを買って
車の中で食べながら向かいました。子どもだから許して下さい。(確信犯)
ナイトサファリはその名のとおり夜のサファリをトラムに乗って体験できるというもの。

子どもは3歳以上有料なんだけど、2歳って言えばよかった(爆)
チケットを買って日本語トラムを予約しようと思ったら場所が違うと言われた。
ちょっと離れたところにあるレセプションで予約。乗り場も違うので要注意。
キャッシュがほとんどなくて水1本でもカードで買ってたんだけど嫌な顔は全然されませんでした。
観光客だらけだからね。
トラムはガラガラで、好きな席に座りたい放題。ずんずん熱帯雨林の中を進んでいきます。
途中、川の中をザブザブ入っていたりして「だから、バスじゃなくてトラムなのね〜」と感心。
小鹿なんかが本当に手の届くような距離にいてキョトンとしててかわいかった。
バクがトラムの前を横切るのを待つというプチハプニングもあり、楽しかった!
熱帯雨林の森とピンク紫色の空のコントラストがとても神秘的で美しかったです。

歩くコースもあって行きたかったんだけど距離がちょっと長かったので今回は諦めました。
コウモリのショーなんかもあるらしい。
トラムを降りてからはお腹がすいてしまって、ホーカーズ(屋台村)形式になっているところで
ダックやヌードル、シーフードをたっぷり食べました。

帰り道でついつい撮ってしまった、スネイク・なんとかキャット・ふくろうとのショット!

※帰りのタクシー乗り場は劇混みでした。。。時間が決まっていたら呼んでおいたほうがいいかも。

7/30(3日目)
今日も朝寝坊。朝食ビュッフェぎりぎりの時間に滑り込みセーフ。
パン、おかゆからヌードル類まで多国籍でいろいろ選べます。

チェックアウトをして、タクシーでセントーサ島へ。(S$15ぐらい)
水族館「Under Water World」へ行きました。
入るとすぐにエイやハリセンボンのいる浅いプールがあり、子ども達がバシャバシャ触ってる。
「え?いいの??」と思ったら「Touch Softly」と書いてあったので触るためのプールらしい。
ハリセンボンをツンツンしたら針出るかな?と思いきや平気な顔して泳いでいった。
もう慣れっこみたい。つまんなーい。
さゆりは小さいマンタみたいなエイにバシャっと水をかけられてた。

トンネル型の水槽は日本にもいくつかあるけど、とにかく大型魚が多かった。
サメも葉もギザギザ見えて近すぎてビックリした。
さゆりは大きな魚も怖くないみたいで、「あれが おさかなさんの おうち」等と一生懸命説明していた。
更に、くらげやニモ(クマノミ)の水槽の前では、飛行機の中で見たニモの学校の話をしてくれた。

ドルフィンショーには残念ながら間に合わなかったので、諦めてバスでセンターの方へ。

セントーサ島のバス&トラムは無料です。乗り放題。
中央センター(?)でアイスクリームを食べてパパはビールを飲んでいい気分。
こちらにはヨーロッパ系の人ばかりで、シンガポールじゃないみたいでした。
そこからケーブルカーで本島へ(大人片道10ドル)←高い!
上から見るセントーサはかなり開発中で2010年にはディ○ニーシーみたいな施設ができるらしい。
そこからさらにタクシーでラッフルズそばのホーカーズへご飯を食べに。
ヌードルも大体3ドル〜4ドルぐらいで食べられてボリュームもたっぷり。
さゆりは辛くないヌードルを取り分けで十分でした。
帰りにSAGO(カキ氷)も食べて大満足!で、時間が無くなり急いでフェリーターミナルへ!
途中スーツケースをホテルでピックアップしてフェリー乗り場へ急げ〜〜

そこからビンタン島に向かうのでした。フェリーに間に合うのか!?

つづく!
posted by Midori先生 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。