2009年08月04日

ホストファミリー体験記 その2

家に帰ってホームツアー(家の中のお部屋を紹介したり、お風呂の使い方などを説明しながら家の中を回る)をしようと思っていたら、お昼を食べて「ちょっと疲れたから寝ます」と言ってお部屋で寝てしまいました。
帰り道からずっと日本語でしゃべったから疲れちゃったかな?

その日の夜は、娘のSallyのお友達親子とZhuのWelcome Partyと称して集まる予定でいたので、買出しやら仕込みやらをボチボチしていたら子ども達のお迎えの時間。
Zhuも「保育園にお迎え一緒に行く」と言ってたんだけど部屋を見たら爆睡中。よく寝る子だわ。

子ども達をお迎えに行って、夕食は「手巻き寿司」に決定!
Zhuがお寿司大好きと言っていたのでね。
あと子どもって手巻き寿司が大好きですよね?

大人4人+子ども4人(BabyのYou含)なのでギュウギュウでしたがみんなでワイワイ食べました。
この時も「日本語って難しいわ〜」と実感したんですが、ご飯だよ!呼ぶ時に「ご飯」の言い方だけでも
「夕食・夕飯・夕ご飯・晩ご飯・晩飯」といろんな言い方があるんですよ。英語なら「Dinner」の一語なのに。
ついついいろいろな言い方で言ってしまうのですが、Zhuがいる間は「朝ご飯・お昼ご飯・夕飯」に統一することにしました。
正しい日本語を話すのは気を使います(笑)

Welcome Partyでは子ども達みんなそれぞれ"My name is 〜”で自己紹介できたし"Nice to meet you"も言えたのでうれしかった♪(Sallyと一緒に英語を習いに来てくれてる子たちなので)ここで、Sally以外の子達が私を「Midori先生」と呼ぶので、Zhuも私をMidori先生と呼ぶようになりました(笑)

ママ友達もZhuにいろいろ話しかけてくれて、Zhuもできるだけ日本語で答えてたんだけど、こみ入ってくると英語で「ええと、日本語は?」みたいに目で訴えてきて私が少しだけ通訳するという感じでした。
でも、料理の説明とかほとんど無理!!あと、アカデミックな話題も無理!大学ではBiologyを専攻しているZhuだけどその内容はほとんどわからず「まあ、ぶっちゃけるとDNAとかの研究?」と頭の悪い回答をしてしまいました(反省)

この日はPapaが遅かったので、みんなで食べたり飲んだりおしゃべりしたりしてお開き。

ジュウにお風呂の入り方を説明しようと思ったけど(ホームツアーやり損ねてたし)「シャワーしか使わないからいい」って言われて終了。なーーんだ楽チンでした。

夜はパソコンの設定をちょっと手伝って「もう寝ます」というのでおやすみなさいをしました。
が、娘のSallyはジュウと遊びたくてウズウズ。もう10時を過ぎると言うのにテンション高くジュウの部屋をノックしたりして邪魔をするのです。
仕方なくZhuにしばらく遊んでもらいました。世界地図を見ながら「アメリカはhere」とか「これJapanだよ」とか英日混ぜこぜで話してました。

それにしてもSallyがあっさり懐いてくれてこちらがビックリしました。結構人見知りの激しい子なので。
前から「アメリカの大学生のお姉ちゃんがお泊りに来るよ」と説明していたのが良かったのかも。

結局この日は夜更かしして、11時ごろやっと寝ました。


体験記その3へつづく

posted by Midori先生 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126602655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。