2009年09月22日

英語の答えは一つじゃない

前回の日記で、ママのための英語カフェ(子連れママレッスン)について書きましたが、青文字の日本語部分、英語で何て言うんですか?という問い合わせがありましたので、お答えしますね。

「ここでオムツ替えてもいいですか?」
Can I change his/her diaper here?
「授乳してもいいですか?」
May I nurse?
nurseは看護師さんと同じナースですが、授乳するという意味があります。
最近は「ナーシングケープ」等のような商品名としても使われていますので、皆さん知ってる方も多くなってきました。

ただ、これ以外にも正解はたくさんあります。
例えばオムツの"diaper"ですが、イギリス英語では"nappy"という言葉も使います。
また、"nurse"についても"breast-feeding"なんて言葉も使えますし、もっと単純に"give him/her mother's milk"なんて言い方もできます。

日本語でも「授乳」と言ったり「母乳をあげる」と言ったり、「おっぱいを飲ませる」と言ったり、同じ事を表現するのにも様々な言い方がありますよね。
同じように、英語もいろいろな言い方や表現方法がありますので、正解は一つとは限りません。

レッスンでは「先生、こういう言い方はできますか?」と質問していただいて、合っていればもちろん決定です。ご自分の覚えやすい方で言ってみるといいと思います。

私たち世代は第二次ベビーブームで学生の数が非常に多い時代でした。
ですから先生たちも受験英語では「落とすテスト」を行わなければなりませんでした。できるだけ、他の答えでは「×」になるような回答を作らなければ順位が付けられなかったためです。
そのような英語教育を受けてきた世代は「この答えじゃなきゃいけないんじゃないか?」「他の言い方をしたら間違いなんじゃないか?」という考え(呪縛?)から抜け出せない人が非常に多いです。残念ながらそのために英語嫌いになってしまった方も多いのではないでしょうか?

でも英語は言葉であって、コミュニケーションの手段の一つです。
日本語だって、シチュエーションによって様々な言い方があるのですから英語もそうなんです。

この話をすると、たいていのママはほっとしてくれます。
「いろんな答えがあっていいんです、って先生に言ってもらって英語の勉強が楽しくなりました」
「間違えるのが恥ずかしくなくなりました」
「これはどうですか?と質問できる自分に自信が付きました」
等と言っていただいています。

ママになったのだから学校でテストの点数を取るための英語の勉強ではありません。
自分の興味を持って好奇心いっぱいでやる英語の勉強は本当に楽しい♪

ぜひ皆さんも楽しく英語を学んで下さいね☆


ブログランキング参加しています♪
よかったらこちらクリックお願いします♪
応援ありがとうございます!昨日はなんと5位!今日は何位かな?

+++++
☆お知らせ☆
ママのための英語カフェ
9/30(水)10:00からのクラスは空きがあります
この機会にぜひ参加してみて下さいね!

現在満員御礼の親子英語サークルBabyクラスですが
お問い合わせが多いため新規クラスを増やす事になりました!
体験レッスンは10月からになると思いますが
隔週木曜日の午前中となりそうです。
詳しくはお問い合わせ下さい♪
+++++

アルクKiddyCAT英語教室
王子神谷ハッピーイングリッシュ
TEL/FAX 050-3559-4034
HP http://happy-english.net
教室携帯サイトできました!
http://homepage3.nifty.com/h-e/m/index.html
教室のCMが完成しました!
http://cmizer.com/movie/59588


posted by Midori先生 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ママのための英語カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。