2009年07月23日

英語deドラマ(1日目)

今日はマーブルズ英語deドラマ

当日まで
「絶対行かない!CDも聞かない!」
と言いはっていたSallyを半分騙しだまし連れて行くことに成功。

部屋に入る時、イジイジもじもじしていたけど、なんとかバイバイできました。
待ってる間は、rincoさんとおしゃべり。子ども達が練習している間親は待合室で待ってるんです。


最近、家でも英語をしゃべると
「ママ!日本語で言って(怒)」と言われ、
エリックのCD以外は新しいのは断固拒否・・・

そもそも、英語に限らず、習い事全般的にダメみたい。
理由は「知らない子ばっかりだから。」と、単純明快なんですが。。。

0歳の物心つく前から保育園生活。
保育園のお友達は兄弟みたいに1日のほとんど一緒に過ごした仲間。
英語教室はママが先生だし、お友達も一緒。

つまり、ぬくぬくの狭い温室育ちなのです。
だから、たまにはアウェイな状況で頑張って欲しいのです。
(親の勝手な都合かもしれないですけどね〜)

時々「先生のお子さんは英語ペラペラなんですか?」と聞かれますが、決してそんなわけではありませんふらふら
もちろん英語教育に適した環境にいることは確かなんですが、もう無理矢理教えられる年齢ではないし、本人の気分にまかせている感じです。
基本的に英語の歌やダンスは好きなので、劇でも自信を持って欲しい。
そんな風に思っての参加でした。去年の英語deドラマも初参加でしたので最初のレッスン前は泣きまくりで、ある程度は覚悟していました。

でもお迎えに行った時にはニコニコで
「最初はやだったけど、最後は楽しかった」と言ってくれたので、明日も大丈夫!と思ったんだけど・・・

帰り道、疲れて眠いのもあったんだけど ・・・

「やっぱり明日はこやぎ(ドラマ)行かない!保育園行く!」
と言い出す始末。

一度「イヤ」と言い出すとなかなか意見を変えない頑固な一面も。

「なんで?」と聞いても
「Hちゃんと遊びたいから」とか
「プールあるから」とかそんな理由


はてさて、明日は一体どうなるか!?


※英語deドラマとは?
2日間の集中レッスン(実質1.5h×2日の3h)で一つの英語劇を練習し2日目に発表まで持っていってしまうという脅威のワークショップ(笑)
小口真澄先生のパワーあふれる指導の元子ども達は自分でやりたい役を選び発表します。
今年の幼児組の演目は「7匹の子ヤギ」でした☆


ママの英語教室はこちらです

アルクKiddyCAT英語教室
王子神谷ハッピーイングリッシュ
TEL/FAX 050-3559-4034
HP http://happy-english.net
教室携帯サイトできました!
http://homepage3.nifty.com/h-e/m/index.html

ブログランキング参加してみました♪
よかったら応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ
にほんブログ村






posted by Midori先生 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。